Make. それぞれのStoryをもっと魅力的にもっと多くの人へ

PROJECT

取材募集中 ストーリーメイキング

一生分の女性ホルモンはたったスプーン一杯!暑い夏、女性ホルモンとうまく付き合うための秘訣は?

#女性ホルモン #夏 #抜け毛
2019.7.22
一生分の女性ホルモンはたったスプーン一杯!暑い夏、女性ホルモンとうまく付き合うための秘訣は?

一生分の女性ホルモンはたったスプーン一杯!

暑い夏、女性ホルモンとうまく付き合うための秘訣とは?

 

ライフスタイルや働き方が変わってきている時代ですが、

ヒトの体の仕組みはそんなに簡単に変化はしません。

むしろストレスや睡眠不足など体を駆使していることも増えているのではないでしょうか?

 

今回は女性ホルモンについて正しく知り
ホルモンを管理しながら上手く夏を乗り切る方法をご紹介いたします。

 


 

女性ホルモンに詳しいドクターが取材対応いたします。

取材・問い合わせ先

 


 

女性ホルモンの分泌量は一生でわずかスプーン約1杯分

 

 

女性ホルモンはわずかな分泌量で女性の体は作られています。

ストレス・無理なダイエットなど、ホルモンバランスを乱す引き金は色々ありますが、
特に多くの方を悩ませるのが加齢です。エストロゲンの分泌量は20代後半がピークと言われ、
理想的なバランスを保つ時期は30代前半まで続きますが、その後は減少傾向と言われています。
エストロゲンの分泌の減少により、薄毛や抜け毛、更年期障害など様々な症状が引き起こされます。

 

女性の駆け込み寺と言われているウィメンズクリニック院長ドクター浜中に
女性ホルモンを管理しながら上手く夏を乗り切る方法をお伺いいたしました。

 

 

ウィメンズヘルスクリニック東京 院長 浜中 聡子さん

毎日不安・悩みを抱える多くの女性が先生を訪ね心の内を打ち明ける、女性の駆け込み寺ウィメンズクリニック院長ドクター浜中。

女性の社会進出などが進み様々なストレスを抱えた女性たちが診療室の扉を開きます。

エイジングによる身体の不調や、薄毛や肌トラブルなど、内面・外見からの若々しさを取り戻す医療を続けております

浜中先生の詳しい資料はこちら>>

 

 

夏の過ごし方

 

暑い夏、冷房と外気との温度差や夏バテなどで体調を崩しがち。
女性ホルモンと上手く付き合うには下記のことを気をつけて過ごしていきましょう。

 

ポイント1:外気とエアコンを上手にミックス

 

近年の夏の暑さではエアコンを使わずに過ごすことは難しいですが、

人工的な涼しさの中で長時間いることも体によくありません。

窓を開けつつエアコンを使い急激な温度差にならないよう空調を調整していきましょう。

 

 

ポイント2:軽い運動で血行促進

 

夏は気温が高く少し動くだけでも汗をかきやすく、血行もよくなりやすい時期です。

日差しを避けて室内でじっとしてエアコンで冷えた体はよくありません。

軽い運動を行い血行促進してあげましょう。

 

 

ポイント3:食事内容の充実

 

夏バテで素麺やさっぱりしたものが中心な食事になりがちです。

副菜を1品追加するなど栄養のかたある食事を心がけましょう。

バランスの取れた食事は抗酸化力アップや疲労回復にも繋がります。

 


【下記のような取材が可能です】

・女性ホルモンに詳しいドクターのインタビュー
・女性ホルモンが引き起こす症状
・女性特有の変化・悩み
・ホルモンバランス治療の経過
・ホルモンバランスを整える夏の過ごし方のコツ


 

【 女性ホルモンに詳しいドクター資料 】

ウィメンズヘルスクリニック東京 院長 浜中 聡子さん

NHK「あさイチ」やNTV系「NEWS ZERO」、TBS系「名医のTHE太鼓判!」など数多くの情報番組に薄毛治療の専門の医師として出演。

女性ホルモン ドクターファイル

 

 

女性ホルモンに詳しいドクターが取材対応いたします。

取材・問い合わせ先