MAYUKO IGARASHI

PROJECT

執筆

東洋経済オンライン連載
「今夜もスナックが呼んでいる」第11回

#スナック #スナ女 #お見合い
2019.6.16

ママは見た!男女7人「スナックお見合い」物語  スナックは男女の出会いの場となるか

 

東洋経済オンライン「今夜もスナックが呼んでいる」第11回目の記事がリリースされました。

 

お見合いアプリで真剣な出会いを求め活動する男女の課題は、

いざ対面したらうまくコミュニケーションできず恋愛に発展しない、とのこと。

 

ならば、数々の男女を結びつけてきたコミュニケーション達人スナックママが介入したらどうなる?

スナック初心者 男女7人によるスナックお見合いやってみました!

 

 

東洋経済オンライン「今夜もスナックが呼んでいる」第11回

「ママは見た!男女7人「スナックお見合い」物語 スナックは男女の出会いの場となるか

 


 

過去の連載はこちら

第10回 スナックママは見た!モテない女子の共通点

第9回 「渋谷再開発」に巻き込まれたスナックの行く末

第8回 新橋「結婚できるスナック」は何がスゴいのか

第7回 妙齢女性がこぞって「徘徊」する町の吸引力

第6回 店が悲鳴あげる困った「スナック女子」の実態

第5回 「ゆる鉄」たちが愛する缶詰スナックの正体

第4回 中島みゆき好きが集う「新宿2丁目」の熱い夜

第3回 大人が遊ぶ「荒木町」を彩る女性たちの正体

第2回 センベロ街「立石」で40年続くスナックの魔力

第1回 スナックにはなぜ「オモロイ人」が集まるのか

  • 東洋経済オンライン連載「今夜もスナックが呼んでいる」第11回
TOPに戻る